お悩みから探す歯科治療

24時間オンライン初診予約
tel:0574681180
お悩みから探す歯科治療

お悩みから探す歯科治療

ただこし歯科クリニックHOME > お悩みから探す歯科治療

  • 24時間オンライン初診予約
  • 無料メール相談
  • 初めてお越しになる方へ
  • ただこし歯科が目指している治療方針
  • 院長からのメッセージ
  • 診療案内
  • 当院の10の安心
  • お悩みから探す歯科治療
  • お知らせ
  • 保育士常駐キッズルーム
  • 歯科用CT
  • 歯科医師募集
  • 歯科衛生士募集
  • 駐車場40台完備
  • 伝えたいこと
通院される患者様が多い地域

岐阜県、可児市、多治見市、土岐市、
御嵩町、八百津町、瑞浪、美濃加茂市

| 歯が痛い、しみる | 歯がない | 歯茎から血が出る | 口臭が気になる | 歯を白くしたい |
| 歯並びが気になる | 入れ歯が合わない | 歯が欠けた | 銀歯が気になる |

歯が痛い、しみる

冷たいものがしみる場合

この場合、知覚過敏または虫歯が疑われます。知覚過敏は歯ぎしりなどによる悪習癖により、歯と歯茎の境目に負担がかかり、削れてしみるようになったり、歯磨きが強すぎることで歯ぐきが下がったり歯が削れたりすると起きます。
また、虫歯であれば、ある程度は大きいことが多いため、虫歯の部分を削って部分的に詰めるといった処置で治すことができることが多いです。どちらの場合においても判断が難しいため、一度見てもらったほうがいいと思われます。

歯科治療した歯が、後日にしみたり、
痛くなった場合

この場合で考えられるのは、虫歯そのものが大きく、元々歯の神経に近いところまで進行していた場合は、神経までの距離が近いために、しみたり、痛みが出やすかったりします。また、むし歯治療などで歯を削るときの刺激や熱により神経にダメージを与え、興奮させてしまうことがあり、2〜3週間ほどしみたりすることはあります。

または詰めたもののかみ合わせが高くて 痛みが出ることがありますので、そういった場合は詰めたもののかみ合わせを調整したら改善していきます。しかしあまりに痛みが強かったり、しみたりすることが長く続いた場合は、痛みを我慢してもらってまで歯の神経を残すまでは無いため、歯の神経をとって根っこの治療が必要になります。

咬んだときに鈍い痛みや違和感がある

この場合、歯の根っこが膿んでいるまたは歯の根っこが割れていたりひびが入っていたりすることがあります。 または咬み合わせが悪かったり、部分的にかみ合わせが強く当たっていたりしても同様な症状が出たりすることがあります。この場合はかみ合わせの調整が必要になってきます。

何もしていなくても、ズキズキと
強い痛みを感じる

この場合は、虫歯が深く、神経まで達している可能性が高く、神経をとって根っこの治療が必要となることが多いです。

歯がない

歯がない状態で今まで過ごしていたかたは、

  • 入れ歯を作ったが気持ち悪かった、入れると痛いのでそのままにしている
  • 歯を抜いたまま、入れ歯などもを入れずにそのままでいる

という場合が多いかと思います。

では歯がないままでも大丈夫なのかな?
と疑問にもたれると思います。

抜けたままにしておくと

  • 歯がない部分とかみ合う歯が出てきてしまいます
  • 隣りの歯が、歯がないところに倒れてきてしまいます

このことによって、かみ合わせが悪くなっていきます。こうなってしまうと、元の状態に戻すことが大変になります。かみ合わせが悪いままだと、かみ合わせが強く当たる歯に負担が多くかかり、やがてその歯がダメになってしまいます。その負の連鎖によって、徐々に歯がなくなってしまうのです。そうならないために、歯が無くなってしまうことになったら、早めに対処する必要があるのです。 では、どんな治療法があるのでしょうか?

補綴治療の種類 入れ歯 ブリッジ インプラント
概要 取り外し可能な治療法。 失った歯の両隣の歯を削って、被せる治療法。 歯を失った顎の骨に人工歯根を埋め込み、歯を被せる治療法。
メリット
  • 早期かつ安価にできる
  • 噛み心地は良い
  • 保険適用が可能
  • 違和感は少ない
  • 白くきれいにすることも可能(保険外)
  • しっかり噛める感覚が取り戻せる
  • 1本で固定できるため周囲の歯へ負担がかからない
  • 見た目に天然歯と遜色ない美しさが実現する
  • 他の残存歯に余計な負担がかからないため、ほかの天然歯が長持ちする
デメリット
  • 違和感があり、慣れるまで時間がかかる
  • 次第に合わなくな· ってくるため調整が必要
  • 天然歯の3分の1くらいでしか噛めない
  • 見た目に入れ歯とわかりやすい
  • 両隣のきれいで健康な歯であっても、大きく削ることが必要
  • 支えとする歯に大きな負担をかけるため、いずれ失うことになる可能性が高い
  • 両隣に歯があることが必要
  • 保険適用されないため自費診療となり高額
  • 外科手術が必要なため、慢性疾患などを理由に治療が受けられないことがある
  • 元々の骨がないと出来ないことがある

このように、補綴治療にはそれぞれ長所と短所があります。口の中の状態、健康状態によっても、適した治療が異なってきますので、一度ご相談ください

歯ぐきから血が出る

歯茎がよく腫れる、血が出る、歯がぐらついてきたなど、歯周病の代表的な症状です。
こんな症状があれば要注意なのです。
歯周病が、ただ歯茎が腫れるだけのものだと考えていませんか?
歯周病が怖いのは、痛みがなく進行するからなのです。痛みがなく、どんどんと歯茎の中の骨を溶かしていきます。ほおっておくと、歯がぐらついてきて、歯を失うことになってしまいます。

日本人が歯を失う原因の一番の理由なのです。痛みが無いからわからないのです。腫れたりして気づいたときには、かなり状態が悪くなってしまっていることが多くあります。また、最近では歯周病と糖尿病、心臓病、脳卒中などの全身疾患との密接な関係が分かってきています。

抜けたままにしておくと

歯周病が進行すると、糖尿病を悪化させるということがわかってきています。しかし、逆に歯周病を改善させると、糖尿病も良くなることがわかってきています。
歯周病菌が、口から入って心臓まで行き感染を起こすと、細菌性心内膜炎を引き起こすことがあります。
脳の血管にプラーク(歯垢)が 詰まったり、心臓やほかの動脈から血流にのって、プラーク(歯垢)が飛んで来て、動脈硬化を引き起こしたりして、細くなった脳の血管が詰まり、引き起こします。

歯周病は、予防することによって進行を抑えることができます。日頃の歯磨きと歯科医院での定期的なメンテナンスによって、大切な歯を長持ちさせていくことが出来ます。

口臭が気になる

口臭には、生理的口臭と病的口臭があります。生理的口臭は、自然な口臭で、朝起きたときは唾液の量が少ないため、においやすかったりしますが、特に気にされる必要はないと思われます。問題は、病的な口臭です。胃、腸などの内臓系の病気、口の中では、虫歯、適合の悪い被せものをしている場合がありますが、こうしたいろいろな病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、歯周病です。この歯周病を治すことによって、口臭を抑えることが出来ることが多いのです。虫歯で穴が開いており、歯茎が腫れている人は、たいてい、口臭があると感じます。きちんと虫歯治療、歯周治療をすることによって、口臭を大きく改善し、抑えることが出来ます。

特に大切なことが寝る前の歯磨きです。

虫歯、歯周病を抑えるためには、朝昼晩の食後の歯磨きが、大切なのですが、その中で最も大切なのが、夜の寝る前の歯磨きなのです。夜は唾液が減ることもあり、歯周病菌、虫歯菌が増えます、また口を開けていたりすると、さらに増えます。そのため夜口の中をきれいにすることによって、細菌の餌となる食べかすなどをなくす為に、きれいに歯磨きをする必要があるのです。朝は、どうしても細菌が繁殖して、増えているため、朝も夜の次にきれいにすることによって、口臭を抑えることが出来るようになります。

また日々の家庭での歯磨きと同様に大切なことは、歯科医院での衛生士による定期的な予防のメンテナンスです。歯面にこびりついた歯石やバイオフィルムは、家庭での歯磨きではとることが出来ないのです。それを特殊な器具などを用いてきれいにしていきます。口の中を、きれいな状態に持っていけば、口臭も減っていきます。
歯を白くしたい

歯の色が気になる場合、3つの場合があり、天然歯自体の変色であれば、ホワイトニングで白くきれいになります。またコーヒー、ワイン、たばこなどが原因の着色であれば、歯のクリーニングで磨いてきれいにすることが出来ます。また被せた歯の変色であれば、審美歯科により、もう一度被せなおすことにより、きれいにすることが出来ます。
いろいろな組み合わせの場合もありますので、一度見せていただければ、きちんとした説明ができるかと思います。

歯並びが気になる

素敵な笑顔には、きれいな歯並びがとても大切な要素となります。
歯並びが悪い場合、治す方法として、審美歯科で、歯を削って、被せることによって治す方法と、矯正治療によって歯並びから きちんと並べることによって治す方法があります。
前者の審美歯科のメリットは、比較的短期間で治せることがあります。デメリットとしては、天然歯であれば、例えきれいな歯でも削らないといけないということがあります。
矯正治療のデメリットは、時間がかかる、メリットは歯を削る必要がないことがあります。
お口の状態は人それぞれですので、一度見させていただいて、あなたに合った適切な方法を提案させていただいたほうがいいかと思います。

入れ歯が合わない

毎日、合わない入れ歯に不快な思いを
されながら、ずっと我慢していませんか?

合わない入れ歯の問題

入れ歯を入れているだけで痛みがあったり、食事などで噛んだ時に痛みを感じたり、入れ歯によって口の中に傷ができたりしませんか?
そういった問題が起こっている場合、今の入れ歯が口に合っていないことが多くあります。入れ歯が合っていれば、痛みなどなく気分よく快適に生活できるものですが、入れ歯が合っていない場合には、入れ歯を入れるだけで痛いから、入れ歯をはめることも嫌だといわれる方も見えます。
また合わない入れ歯を入れて、傷が出来た場合、骨粗しょう症の患者さんに出される薬で、BP製材と呼ばれる薬を飲んでいる場合、その傷が原因でコツ壊死がおこることもありますので、我慢せずに、できるだけ早く歯医者へ行かれることをおすすめます。

合わない入れ歯のため、
入れ歯を使わずにそのままにしておくと

残っている歯に負担がかかります。その負担がダメージとなり、残っている歯の寿命を短くしていき、徐々に歯を失っていくことに繋がります。
また、残っている歯も、徐々に動くために入れ歯そのものも入らなくなってしまいます。入れ歯で噛むことによって、残っている歯への負担を軽くすることが出来、結果として歯を長持ちさせることに繋がります。

入れ歯が合わない、すぐ落ちてくる、安定しないなどの不備を感じていましたら、ご相談ください。入れ歯の痛いところは強く当たっていることが多いので、調整したほうがいいですし、入れ歯がすぐに落ちてくるなら、骨が痩せてきている可能性が高いため、裏打ちする必要があります。またかなり入れ歯が古くて いろいろ問題があるならば、新しく入れ歯を作る必要がある場合もあります。気になること、遠慮なく言ってください。

歯が欠けた

欠けた部位が小さい場合

部分的に詰める治療によって、治すことができます。

欠けた部位が大きい場合

全体を被せる治療によって、治すことができます。

銀歯が気になる方へ

口を開けた時、銀歯が見られることが嫌で、人前で笑顔になれない、など銀色の詰め物、被せものが入っていることを気にされている方も見えると思います。歯の詰め物、被せものを白くすることによって、きれいな歯にしていくことができます。
部位、詰めてあるものの大きさによって異なりますので、お口の中の状態によって適切な提案をさせていただけますので、是非ご来院ください。

ページトップ